呪い代行体験談

負け組の人生!大金を手にしたい!

呪い代行夫婦関係

日本呪術呪鬼会 > 呪い代行体験談 >負け組の人生!大金を手にしたい!

依頼者:加藤様(男性/会社員/50代)

はじめまして。東京都に住むしがない会社員で加藤(仮名)と申します。 この度、私の体験談を呪鬼会様でご紹介いただけるということで筆を執った次第でございます。 不慣れな文章ではございますが最後までお読みいただけますと嬉しく思います。

私の体験談は呪い・呪術の世界では少し異質なものかもしれません。 なぜなら私が願ったものは人物ではなく自分自身の幸福、ずばり言いますとお金が欲しい、金持ちになりたい! という単純なものだったからです。 私の生い立ちは貧困そのものでした。幼少時に両親が離婚し、母と二人、その母も私が中学の時に死亡し、遠戚に引き取られましたが、中学卒業後は高校進学もできず住み込みで小さな工場に就職、世間ではバブルだなんだと景気のいい話ばかりでしたが私の青春はただただ朝から晩まで働くのみ。 そんな私も50歳になりました。

結局、小さな工場を非正規雇用で渡り歩き、その日その日を凌ぐのが精いっぱいの生活で、結婚もできず一人。 なぜ私が?私が何をしたというのか。私も幸せに、人並みに、いえ、今までの苦労を考えたら人一倍幸せになってもいいはず。 私はそう願い続けてきましたが、どうすればいいのか・・・宝くじも買いました。今までで当たった最高金額は1.000円でした。 怪しい霊感商法にもだまされました。よくあるつけるだけで幸運になるブレスレットとか、ね。 何をやってもダメでした。

このまま死んでい行くんだ、とあきらめていました。そんな時に呪鬼会を知りました。 多くの体験談、口コミを見ました。そんな馬鹿な!信じられないことばかりが書いてありました。 それでも騙されてもいいじゃないか、と電話をかけることにしました。 私の願いは言った通り、復讐ではなく自分の人生を変える幸運が欲しいというもの。果たしてこれが呪い代行・呪術の力で叶えられるものなのだろうか、それが私の疑問でした。

電話で長時間話したと思います。最初はしがない世間話、生い立ちやら、これからの人生の不安など。 まるでカウンセリングのようでした。 担当の方は「あなたのような人、苦しみに耐えている人にこそ呪いの力を使ってほしい。」と言いました。 そもそも「呪い」とは「おまじない」という意味だそうです。自分自身が固い意志を持ち具体的な展望を持つ限りどのような願いにも「呪い/おまじな」をかけることは可能だと。 私は依頼を決心しました。 この30年間、毎日願った人生の成功!金が欲しい!女が欲しい!尊厳を取り戻したい!と。

それからしばらくして、変化は特にありませんでした。しかし、ある時、寝ていると大きな黒い動物(今から思えばあれば牛だったかもしれません)が現れて、口にくわえた金色の稲穂を私に渡しました。 夢?にしては本当にリアル・・・手にまだあの稲穂の感触が残っている。

これは・・・すぐに呪鬼会に連絡しました。 担当の方は言葉少なく「すぐに行動を起こしましょう」と言いました。どういうことか? 半信半疑のままとにかく何かをしなければ、と、宝くじを買うことにしました。 当選日・・・信じられなことに私は今まで見たことがないような大金を手に入れることができました。 それからもその大金を元手に投資・商売を始めたところ、すべてが面白いように成功、今では彼もが私をうらやむようになりました。 この成功は一体・・・あの金色の稲穂は大金となって今私の手の中にある限りこれからもこの成功は続いていくことでしょう。 本当にありがとうございました!

呪鬼会より返信

長い人生、つらい道のりでしたね。その道のりの果ての、我らの呪術との出会いがあり今の成功へとつながるのであれば、その道のりも無駄ではなかったことでしょう。この依頼者の方は、貴重にも金色の稲穂をその手にされたそうです。依頼者様の今後の未来も確約されたも同然でしょう。

Tweet
次のエピソード 体験談一覧へ 呪い代行