呪い代行体験談

夢の新居が悪夢の住処に。

呪い代行夫婦関係

日本呪術呪鬼会 > 呪い代行体験談 > 夢の新居が悪夢の住処に。

依頼者:S.Oさん(男性/40代/会社員)

結婚した時から夫婦の夢が一戸建て、その夢のためにコツコツと夫婦二人で貯蓄を続け、やっとのことで購入できました。 息子のための部屋、私の書斎、料理好きな妻のためにオーダーメイドのキッチン、小さいながらも私たちにとっても身の丈以上の素晴らしい家です・・・家になるはずでした。

引っ越ししてからほんの数日、夢は悪夢へと変わっていったのです。 私たちの家の隣の一家、壁を隔てて数メートルにも関わらず深夜にかけての酒盛り、ひどいときは平日も。職場の知り合いか何人もの人が入れ代わり立ち代わり、毎晩毎晩の大騒ぎ。タバコの吸い殻はうちの庭に、BBQの煙で洗濯物は干せないし、困り果てて町内会の会長さんに相談しても暖簾に腕押し、それどころか、あそこの家にはかかわらないほうがいいとまで。

私は直接、隣の家に抗議に行きました。すると、ヘラヘラ笑うばかりでまるで私たちの言ってることに興味がないといった風、それどころか、ちらちらと腕をまくり、腕に入った刺青を見せてきて、これ以上うるさいことをいうとどうなるかわからないと脅迫ともとれることを言い出しました。 実際に、騒ぎが収まるどころか逆にこれ見よがしに大音量の音楽や、生ごみの放置など以前に増してひどくなるばかり・・・どうやらそこの住民は訳ありらしく、私たちが引っ越す前の住民もそれで精神を病み家を売ることにしたそうです。 そんなことがあるならなぜ不動産会社も教えてくれなかったか!妻はすっかり精神をやみ、明るかったあの笑顔をみせることはなくなりました。

絶望・・・家を売るにも今売ればローンも残り、数百万の損害は確実・・・今の私たちにそれを背負うことはできません。 かといって妻と息子を守るため、どうすれば・・・警察もあてになりません。 私はインターネットで同じような悩みを持つ方から呪鬼会を紹介してもらいました。 これしかない・・・それ以外の解決策が私にはなかったのです。

これで解決しなかったら後は!最後でした。代表の方に呪術を代行していただきました。 その結果は驚くべきものでした。まず隣の一家の亭主にガンがみつかり緊急入院。ステージ4のため助かる見込みは薄い、と聞きました。まさか・・・私の呪いで!! 確かに死ねばいい!なぜ罪もない私たち一家を苦しめるのか!お前が死ね!そう念じました・・・しかしたった数か月でこんなことになるとは。

それからはあっという間でした。家族は介護のストレスから大騒ぎなどする暇などなく、まもなく亭主は他界。妻は別の男性との不倫がばれて一家は離散し、家は売却され更地になりました。 私の怨みがある一家を離散させたのだろうか・・・今でも思うことはあります。それでも私が愛する私の家族を守るため、後悔はしていません。

呪鬼会より返信

身近なご近所トラブルには警察や弁護士も介入できないのが実情ですね。呪いや呪術の力でご家族をお守りできたこと、我々も誇りに思います。心安らかなる日々を送られますように。


Tweet
次のエピソード 体験談一覧へ 呪い代行