Japanse English
呪い代行

呪術、呪いについて

呪術(呪い)の歴史は人類の歴史そのものでもある。

呪術代行

呪術呪いの歴史は人類の歴史そのものでもある。

今から五十万年前、北京原人は、すでに遺体を埋葬するときにその周囲に赤い鉄の粉をまくという呪術呪い的行為をしていた。
先土器時代、縄文時代、弥生時代と、呪術呪い的な営みは連綿と続き、現代にも残っている。

呪術呪いとは、大自然の中にあまねく存在している眼には見えないパワーを、呪文(言霊、真言など)や呪具を用いて自然から取り出し、集め、神霊や精霊と一体化することによってそのパワーをコントロールするテクノロジーのことであるのだ。

もとをたどれば、豊作を願って、雨乞いをしたり、病気の治癒を祈って、神仏に供物を捧げる・・・・ 太古の昔から行われてきたこのような「祈り」がその後特別な言葉や行為として定型化され「呪術呪い」として伝えられてきたに違いない。
今も残る、『節分の豆まき』も一種の呪術呪いといえる。我々が意識していないだけで、呪術呪いは身近に存在する。

呪い代行しかし、科学が発達した現代でもなお、呪術呪いが人を魅了するのは何故だろう。
それは、人々が自分の幸せをつかむために、普段の自分以上のエネルギーを発し、その願いがとどいたかのような結果がついてくるからだ。
「願いがかなうかもしれない」という夢や希望と「実際思い通りになった」満足感のダブルコーディングが、呪術呪いの方法や、可能性を広げたのではないだろうか。
呪術呪いは、日常以上の集中力・膨大な生命のエネルギーを燃焼させて成就するため、呪術呪いを行う際、生半可な気持ちでは、呪術呪いは逆に大きな災いを招きかねない。

好奇心や興味本位で呪術呪い行うなども、言語道断。

ただ「呪術呪い」と一言でいっても、人を貶めるだけではない色んな意味が伴ってくる。
念をこめる時は、自分のために真剣に行いなさい。

丑の刻参り

さて、当サイトで販売している藁人形を用いて行う呪術呪いは、古来より怨みを晴らす道具として重宝されてきた。
例え呪術呪いをかけられた人間に何か起こっても全く証拠も痕跡も残さずにすむからだ。

では本当に呪術はきいているのか?と言われると全てが呪術呪いとか怨念とか霊の仕業とは思わない人が多い。
しかしながら皆、呪術呪いの一例を何も考えず行っている。
たとえば初詣。手を合わせて皆が幸せを願うのも立派な呪術呪いの一つなのだ。

呪術呪いというと暗いイメージしかないが、思い返すと日常の中でかなり呪術呪いの一端をおこなっていることが分かってくるだろう。
言うなれば・・・「信じる者は救われる」だろうか。
言い方を変えれば「念じるものは通じる」だ。
また、その念が強ければ強いほど相手に送られるエネルギーはすさまじいものとなる。

呪術呪いが効き、満足し、心のやすらぎを得られるようスタッフ一同こちらからも念を送っております。

生活する環境や呪術呪いに対する知識不足の問題で御自身で呪術呪いが行えない方の為に当団体ではプロの呪術師による呪術代行呪い代行を行っています。
呪術代行呪い代行の依頼内容によっては、お断りすることもございますあらかじめご了承ください。

呪い代行
ご自分で呪術呪いを行う場合

古来より、藁には霊的な力があると信じられており、人の形を象った藁人形には、人の念が込められると伝えられております。 呪術呪いは、信じることから始まります。

以下は、古来より伝わる日本独自の藁人形の呪術呪いについて一部ご紹介です。
これを読み、呪術呪いを実践する場合は、自己責任でお願い申し上げます。

※興味本位での呪術は本人へ跳ね返る場合もあります。
当会で販売されている呪術一式は全て呪術師の祈祷済みです

厄災身代わりの呪術呪い

古来より藁人形を家の守り神として、供える風習があります。 (現代のしめ縄もその名残であるという説があります) 厄災から身を守るため、家の鬼門(丑寅、北東)に藁人形を納め、悪鬼の侵入を防ぎます。 また、枕もとに藁人形を供え、毎夕お祈りを捧げることで、自分の身に降りかかる事故、病気を身代わりになってもらえます。 もしも、枕もとの藁人形が朽ち果てた時は、あなたの代わりに天に召されたと信じ、誠実な供養をしてあげてください。

病魔を呪う呪術呪い

丑の刻参りと同様、病魔への恨みの念を、藁人形に込めて、釘を右手からづつ、右足から半時計周りに、左足、左手、 頭部・・・最後に思いのたけを込めて、胴体へ竹釘を打ってください。こうすることで、元気だったころの気のめぐりを取り戻せると言伝えられております。

恋愛成就の呪術呪い

恋愛対象の人物の、体の一部(髪、体液、爪、皮膚・・・)、もしくは、名前を書いた紙、相手が着ていた服の切れ端・・・ を、藁人形の胴体の中に埋め込みます。その人形を絹布(もしくは紫の布)に包み、大切に扱ってください。そして誰にも見られないよ うに、午前2時に胸の思いを人形にささやきます。これを7日間続けてください。注意点は、7日間は決して誰にも見つからないように・・・間違っても釘を打ったり、粗末に扱ってはいけません!